トップに戻る イベント情報 今回のプレゼント 全画協について
 
サイネリヤを描く/アクリル絵具の透明性を活かして
今回の難易度:★★★


完成図--クリックして次へお進み下さい。
過去の記事
今回のポイント
透明性に優れているゴールデンアクリリックスを使ってサイネリアを描きます。ホワイトを使わずに紙の白色を活かして描写します。絵具の透明性を活かして描く技法は、透明水彩絵具の描き方と似てますが、アクリル絵具は構築的で、緻密な表現ができます。この、アクリル絵具の冴えた色彩感で緻密な構築のできる特長を生かした表現を工夫しています。
■画材をそろえよう
ゴールデンアクリリックス(アクリル絵具)
マゼンタ
カドミウム系レッド
カドミウム系イエロー
イエロー・オキサイド
スカイブルー
バーント・シエンナ
ロー・アンバー
■筆
ナムラ 貂毫面相 中
        々    小
ナムラ 貂毫面相 中
■紙
アルシュ水彩紙 300g/m²
(ウォーターカラーブロック)

画材はすべて今回作家が使用したものを紹介しました。
ゴールデンアクリリックス
この写真は作者が使用しているゴールデンアクリリックスです。
■アルシュブロック
アルシュブロック
※画材をご購入の際は、お近くのショップへ
画材の説明表示 SHOP
今回の先生
中村 光幸(なかむら みつゆき)先生
1950年
1975年3月
画暦 1973年7月
      々  10月

    2006年10月
現在
香川県に生まれる
大阪芸術大学美術学部絵画専攻卒業(特待生)
全関西展入選(大阪市立美術館)
独立美術展 入選
以後33回入選 各賞受賞
独立美術協会会員に推挙される。
独立美術協会 会員
日本美術家連盟 会員
香川県美術展覧会招待(審査員)
香川県美術家協会 会員
http://www.d4.dion.ne.jp/~koukou/
先生
次ページへ

当ホームページは、A4用紙に印刷できるようにレイアウトされています。描き方を参照しながら描きたい方は、プリントアウトを見て制作されると便利です。
ご注意:印刷の設定はブラウザやパソコンの環境ごとに異なります。余白サイズによってはA4用紙に収まらない場合もありますが、その場合はブラウザの印刷設定(Windows版IEの場合:ファイル(F)→ページ設定(U))を調節してください。
 
Copyright (C) 2001 eokaku.com All Rights Reserved.
無断転載禁止