Information

JAM(全日本画材協議会)の最新情報、オススメの美術展やイベントをご紹介致します。

Informationブログ TOPへ戻る

2018/11/21

描画シーンがふんだんに……映画「かぞくわり」1月よりロードショー

高度経済成長期を終えた時代、核家族の思い描く極楽浄土はどこなのか。

古代から連なる歴史とベッドタウンとしての発展……悠久の伝統と現代の刹那が共存する奈良を舞台とする「かぞくわり」は、画家になる夢をあきらめ無気力な生活を送る一人の女性を主人公とする作品で、奈良で映画づくりを続けている塩崎祥平監督が折口信夫の小説『死者の書』をヒントに制作したものです。
絵を描くシーンが全体の四分の一を占めており、絵に携わる方々にぜひ見ていただきたい作品です。
主人公・堂下香奈を陽月華、彼女の両親を小日向文世と竹下景子が演じ、石井由多加、佃井皆美、木下彩音がキャストに名を連ねています。
最後のエンドロールでは、クラウドファンディングで募集したいろいろな家族の写真が登場します。お楽しみに!
また「花*花」が書き下ろした主題歌「額縁」を聴くことができます。
2019年1月19日(土)東京有楽町・スバル座、奈良・TOHOシネマズ橿原ほか全国にて順次ロードショー。

全日本画材協議会は映画「かぞくわり」を後援しています。
(公式サイト)https://www.kazokuwari.com/?fbclid=IwAR0dVTl54ZbE4aadgy-15pnuEtzeBo3lXvlIWggihwT3s5wp7EncR0BV3xU
(予告編)https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=MYOaLsfleA0