Information

過去のInformationです。

2019/03/29

映画「かぞくわり」大阪上映開始

画家が主人公、絵を描くシーンがふんだんに出てくる映画「かぞくわり」。
4月5日(金)より、大阪での上映が開始します。全日本画材協議会後援。

●シネマ―ト心斎橋 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/

(心斎橋・アメリカ村ビックステップ4F)

4月5日(金)〜11日(木) 

シネ・ヌーヴォX http://www.cinenouveau.com/
4月13日(土)〜19日(金) 11:30〜(1回のみ)
4月20日(土)〜26日(金) 19:50〜(1回のみ)

●シネマート心斎橋、初日舞台挨拶決定
かぞくわり主題歌を映画のために書き下ろしてくださった花*花さんご来場!
塩崎祥平監督と主題歌「額縁」の花*花さんを迎えて上映前にトークを行います。
日時:4月5日(金)18時30分の回上映前

劇場:シネマート心斎橋

登壇者:花*花、塩崎祥平監督(※登壇者は、全て予定)

●花*花さんの歌う「かぞくわり」主題歌《額縁》がカラオケで歌えます
https://www.clubdam.com/app/leaf/songKaraokeLeaf.html?contentsId=5763620
https://www.youtube.com/watch?v=SHWYfJlGj64


「かぞくわり」公式サイト→https://www.kazokuwari.com/

 

2019/03/28

ホルベイン・スカラシップ奨学生募集

第33回ホルベイン・スカラシップ奨学生を募集します!
ホルベイン・スカラシップ奨学制度は、優れた芸術作品の創造と美術界の発展を願い、国内で活動する作家を支援するためのCSR活動として発足いたしました。当奨学制度では、作品の形態を問わず色材(油彩・アクリル他)を必要としている作家に対して、ホルベインの取り扱う多様な材料・用具を提供することでその活動を支援いたします。今回から制度の内容を一部変更、受賞者と当社とのより密接な関係性を構築することを新たなミッションとして掲げ、「新しい」ホルベイン・スカラシップ奨学制度としてスタートいたします。
例えば、新製品の開発に奨学生の皆さんのご意見やアイディアを取り入れていくなど、相互により能動的で、対等な関係でスカラシップに参加していただきます。

○実施概要
最大7名の作家に対して、総額30万円相当の油絵具・アクリル絵具など、ほぼ全てのホルベインブランドの色材を無償提供し、創作活動と材料研究を支援します(提供期間)。また、そのうち10万円(注1)を上限とし、ホルベインブランドの一部画材製品 (筆・キャンバス・水彩紙など)を要求可能とします。提供期間終了後は約1年間、定価30万円相当(注2)を上限にホルベインブランド製品を割引(注3)にて購入可能とし、創作活動を支援します(購入期間)。 購入期間中に奨学生による成果展(展覧会)を行う予定です。
注1:提供期間中の筆・キャンバス・水彩紙など各カテゴリの上限金額の合計です。
注2:購入期間の上限金額は消費税、送料などを含みます。
注3:提供期間中の対象商品と、購入期間中の割引率・対象商品の詳細は別途奨学者にのみ連絡します。

○奨学期間
提供期間:2019年7月〜2019 年12月(約6ヶ月)
購入期間:2020年1月〜2020年12月(約1年間)
展覧会:2020年4月開催予定

○応募資格
提供期間中の日本国内在住が決定している18歳以上45歳以下の創作者、またはその志望者。平面・立体、その他のジャンルや表現を問わず、常に色材を使用した制作を行う者。奨学期間中に要求する各種レポートの提出に対応できる者、かつ成果展への出展と参加に対応できる者。
上記規定内であれば第27回以前のホルベイン・スカラシップ奨学生の再応募も可能とする。

○申込締め切り日
2019年5月15日(水)必着

詳細はこちら↓
https://www.holbein.co.jp/blog/2019/03/20/356


2019/03/14

「北海道画材ユーザーショー2019」開催

北海道発の大型画材ユーザーショー!国内の画材・額縁メーカーが勢揃い。
画材ユーザーに魅力的な商品のご紹介と様々な体験ができる2日間。

日時  2019年5月10日(金)10時~19時・5月11日(土)10時~18時
会場  大丸藤井セントラル 7階スカイホール・スカイルーム

入場無料

詳細はこちら↓
http://www.daimarufujii.co.jp/central/gazaiuser2019

2019/01/29

ホルベイン エンジョイワークショップ in TOKYO 特別編 〈パンパステルで静物画を描く〉

「普通のパステルとどこが違うの?」 とか、「どんな風に描けるのか一度試してみたいな」とか、質問やご要望が非常に多いパンパステル。そんな色んな疑問を解決するには、やはり実際に使ってみるのが一番です。
そこで、今回エンジョイワークショップの「特別編」として、パンパステルを思う存分楽しめるワークショップを開催いたします。

当日はホルベインのスタッフが、パンパステルを基本からお教えします。
それだけでなくなんと、簡単な作品制作までチャレンジしていただきます。こんな機会は滅多にない(かも)ぜひご参加ください!
詳細はこちら↓
https://www.holbein.co.jp/blog/2019/01/24/337

 

2019/01/18

映画「かぞくわり」上映開始

画家が主人公、絵を描くシーンがふんだんに出てくる映画「かぞくわり」。
いよいよ1月19日(土)より、東京・有楽町「スバル座」、奈良「TOHOシネマズ橿原」にて上映開始。
家族とは、歴史とは、そして芸術とは……。
全日本画材協議会後援。
「かぞくわり」公式サイト→https://www.kazokuwari.com/

2019/01/14

「2019 TOKYO 画材ショー」開催



見て触って、体験する。世界の画材が、今年も池袋に集います! 入場無料!
多くの方のご来場をお待ちしております!
日時 平成31年3月9日(土) 10:00〜16:00
会場 東京・池袋サンシャインシティ 文化会館 3階展示ホールC(JAWA-SHOW会場内)
入場料 無料
主催 JAWA-SHOW実行委員会
協賛 全日本画材協議会
後援 日本画材工業会/全国額縁組合連合会/日本洋画材料卸業者協議会
公式サイト https://www.tokyogazaishow.com/
●2019 TOKYO 画材ショーを盛り上げるプロジェクト「#ガザプロ」
Twitter https://twitter.com/gazapro2
Instagram https://www.instagram.com/gazapro2019/
パンフレットはこちらから→2019TOKYO画材ショー

2019/01/09

「第31回 森と湖のある風景画コンクール」作品募集

「森と湖のある風景画コンクール」実行委員会[(一財)水源地環境センター・(公社)国土緑化推進機構]が主催し(後援=国土交通省、林野庁、文部科学省)、全日本画材協議会が協賛する「第31回森と湖のある風景画コンクール」の作品募集が開始されました。
このコンクールは、昭和62年に建設省(現・国土交通省)と林野庁の共催でスタートした「森と湖に親しむ旬間」(毎年7月21日〜31日)の一環として開催されるもので、「森とダム」「森とダム湖」のゆたかな水と緑の風景を描き、「夢と安らぎが感じられる個性的な絵」がテーマ。
応募資格は高校3年生以下で幼年、小学生、中学生、高校生が対象です。締切は2019年5月31日(金)必着。
ふるってご応募ください。
リーフレット、応募要項はこちらから

http://www.wec.or.jp/morimizu/contest/

2018/12/14

全日本画材協議会主催「第4回Jam公募展」審査結果[速報]

全日本画材協議会主催「第4回Jam公募展」は、11月15日に応募が締め切られ、全国から331点の作品が寄せられました。多数のご応募ありがとうございました。
12月11日に厳正なる審査が行われ、50点が入賞、その中から大賞1点、審査員特別賞(大賞に匹敵する優秀作)5点の受賞が決まりました。また、53点が入選を果たしました。

審査委員長:川見良夫(全日本画材協議会会長)

審査委員:弓手研平(洋画家・一水会委員)、nao morigo(画家)、全日本画材協議会常任理事

審査結果はこちらから→Jam公募展4th審査結果

2018/12/10

世界中のコピックファンを作品でつなぐコンテスト「コピックアワード」を開催!

昨年に続き2回目の開催となる「コピックアワード」は、WEB上の登録のみで、どなたでもお気軽にご参加いただけるコンテストです。応募作品は随時WEBページに公開されます。
大賞の方には賞金5,000$に加えコピック全色を含む賞品が贈られるほか、18歳以下の方を対象にした賞や審査員賞なども多数予定しております。皆さま、奮ってご応募ください。

応募期間 2018年12月3日(月)〜2019年03月01日 (金)


・グランプリ(1名) 賞金5000USドル、コピック全色セット等
・次世代アーティスト賞 コピック全色
…他賞あり

審査員
手塚るみ子(プランニングプロデューサー/手塚プロダクション取締役)
松下計(アートディレクター/東京藝術大学 デザイン科教授)
他、著名なデザイナー・漫画家等… 随時サイトにて公開予定

募集内容
コピックを使用し制作した平面もしくは立体の作品
※公募展等で未発表の作品に限る(個展やSNSでの発表は可)
※テーマは不問
※デザイン・アート・イラスト・クラフト等のジャンルは不問
※オリジナルで、第三者の知的財産権を侵害しない作品に限る

詳しくはコピックアワード特設サイトをご覧ください。
https://copicaward.com

 

2018/11/21

描画シーンがふんだんに……映画「かぞくわり」1月よりロードショー

高度経済成長期を終えた時代、核家族の思い描く極楽浄土はどこなのか。

古代から連なる歴史とベッドタウンとしての発展……悠久の伝統と現代の刹那が共存する奈良を舞台とする「かぞくわり」は、画家になる夢をあきらめ無気力な生活を送る一人の女性を主人公とする作品で、奈良で映画づくりを続けている塩崎祥平監督が折口信夫の小説『死者の書』をヒントに制作したものです。
絵を描くシーンが全体の四分の一を占めており、絵に携わる方々にぜひ見ていただきたい作品です。
主人公・堂下香奈を陽月華、彼女の両親を小日向文世と竹下景子が演じ、石井由多加、佃井皆美、木下彩音がキャストに名を連ねています。
最後のエンドロールでは、クラウドファンディングで募集したいろいろな家族の写真が登場します。お楽しみに!
また「花*花」が書き下ろした主題歌「額縁」を聴くことができます。
2019年1月19日(土)東京有楽町・スバル座、奈良・TOHOシネマズ橿原ほか全国にて順次ロードショー。

全日本画材協議会は映画「かぞくわり」を後援しています。
(公式サイト)https://www.kazokuwari.com/?fbclid=IwAR0dVTl54ZbE4aadgy-15pnuEtzeBo3lXvlIWggihwT3s5wp7EncR0BV3xU
(予告編)https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=MYOaLsfleA0